音楽

また、救ってくれたのは

音楽だった。

ちゃお。ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

昨日、明日早いからとすごく早く床についた。

それはそれで良かったのだけど、そこでまたあたしの悪い癖が出た。

これが出ると、寝れない。

だけど、寝なきゃいけない。

でも、寝なきゃいけないと思うとますます寝れない。

と、いう悪循環にはまりかけた。

そういう時はどうすればいいか。

一人の時を思い出した。

いつも、そんな時を救ってくれたのは音楽だった。

ありがとう。また救われました。

ゲットン

やったねw

ちゃお。ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

今日は何の日かしってますか?

サッカーの予選・・・しりませんw

今日は、坂本真綾のアルバムの発売日です!

げっとしてきましたよ。あたしは。

ファンですからね。当然です。

中学生からのファンなんです。ま、そこらへんはブログに書いてあるのでご存知の人も多いとは思いますけどね・・・。

ベストアルバムなんだから今までのCDあったら収録曲はもってますけど、やっぱりアルバム発売されたら買うでしょ。

ファンなんだから。

当然です。

ま、これで暫く癒しが充実しますしね。最近は無駄にショックなことが多かったのでね。

いつもお世話に

なってます。

ちゃお。ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

田舎田舎とあたしの故郷をいっていますが、田舎にも一応CD屋さんとかはある訳で。

車通勤になったので、寄り道はしやすくなりました。

んで、田舎のCD屋さんは存外色んなものが置いてあるものです。

ま、あたしが大好きな坂本真綾なんかもちゃんとありました。

歴代アルバム全部とは言いませんが、ちゃんとありました。

んで、知らない間にコンセプトアルバムが発売になっていたので、買いました。

しかも、本当なら10月発売だったのにもかかわらず、初回限定品がありました。

いやいやいや、ありえないだろww

とか、思いながらもほくそ笑みながらレジに向かいました。

しかしながら、今回のアルバムのコンセプトは「冬」・・・。

もう、時期的に春やないかい!

でも、いい曲を仕事に行くとき、また、仕事終わりにほんの数分でも浴びれるのはありがたいものです。

Htel paper

いいね。

ちゃお。ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

改めて。また改めて。

音楽の力を知った。

昨日、ちょっとへこんでたんだけど、あたしが好きな洋楽の歌手。

ミシェル・ブランチ

が某大手動画投稿サイトの生放送にでていた。

なんでも、8年ぶりに活動を再開するんだそうです。

その間、結婚と出産を経験されて音楽にも幅がでたそうです。(本人談)

そこにあたしも期待したいですw

若くして、世界をとりこにしたであろう。ミシェル・ブランチ。

すごい人です。

才能がある・・・と、言うような安っぽい言葉で片付けるのは簡単なことだけど、丁寧な英語を話されている姿勢や、この時期に日本に来るという姿勢とか。

すごいね。

そういう意味では、シンディー・ローパーも凄いけどねww

世の中には凄い人はたくさんいるものだね。

あやかりたいものですw

愛している

ねぇ。もう少しだけ。

ちゃお。ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

最近、よく浴びる曲です。

名曲です。

本当に。

一度、浴びてみてください。

PV見て、泣きそうになりました。

あたしがいつか、結婚をすることがあったら結婚式で流したいなw

ま、無理だろうけどw

いつか、あたしが死ぬ時がきて愛する人がそばにいてくれるなら、あたしはいいたい。

あなたのおかげで幸せなことがたくさんあったよ。ありがとう

今は一人で道をあるいてはいるけれども、いつかあたしが終わりを迎えるときは、たった一人でいいから、愛する人にそういって旅立ちたいものですね。

今、働いているところが働いているところなので、存外身近に死があったりします。

介護ってそういうものです。多分。

でも、みなさん笑顔です。毎日毎日。

あたしにいろんなことを教えてくれます。

もう、辛くて辛くて逃げ出したいこともたくさんあるよ。

ただ、あたしはたった一人でいいからあたしを愛してくれる人がいて、あたしもその人を愛していて、毎日笑顔でいたいんです。

なかなか難しいけど。

うまく愛せるようにと、あの空に祈ってみる。

お世話になります

また、よろしくお願いしますね。

ちゃお。ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

今朝方、変な夢を見た。

いつものように目覚めた時になんて悲しい夢だったんだろうというような夢ではなく、悲しいことは悲しいんだけど、嫌な悲しさではなかった。

空に落下していくような夢だった。

その原因は・・・。

ここ最近、また寝る前に音楽を聞くようになった。

人を無条件に幸せにする音楽。

また、その力を借りている。

いい曲と出会うと、そうなるあたしの精神構造は実に単純である。

そして、その聴いていた曲の影響で、空に落下するような夢を見たのだ。

そして、さらに言うならその曲がEDで使われているアニメを見たからだろう。

非常に面白いアニメだったので、どかどかっと見てしまった。

こういう出会いならあたしは大歓迎である。

と、いうよりも・・・

不思議なもので、自分がそこはかとなく落ち込んだり、行き詰ったりしたときには、あたしの背中をポンっと押してくれるような曲だったり、考えさせられるアニメに出会ったり。

不思議で仕方が無い。

その曲を浴びる瞬間に何かがあたしのなかでカチッっと音を立ててはまるというか、何かが回りだすというか。

それはとても穏やかで、静かな何か。

でも、決して考えを後ろ向きにするようなものではない。

むしろ、そっちの方から押し戻してくれるようなものしかない。

メロディーというものにのった詩があたしの心に確実に何かを運んでくれるのだ。

歌のすごいところだと思う。

人は悲しい。辛い。汚い。

でも、

それだけじゃないよね?

って言われているのだよ。

いつもいつも、何度でも角度も形も変えてあたしの心にそれを届けてくれるのだよ。

あたしがいつも何かに負けそうになっている時、不思議とそういう出会いがある。

そして、あたしは新たな一歩を踏み出していくのです。

そんな、繰り返しのうん十年です・・・w

ごくごくたまに。

やっていること。

ちゃお。ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

いや~。昨日はなんていうか、若いことしたなぁって思います。

いや、実は、昨日音楽についてひとしきり語ったんです。

スカイプで高校の友人と。

いや、なんの実りも無い話ばっかりですよw

でも、それが面白いんだな。

内容的には、もう忘れるくらいの薄っぺらい内容なので、あれだけどww

自分の好きな音楽のジャンルがあって、それを共感してくれたりまた、違った視点を与えてくれたりするのは、嬉しいことだよねw

しかも、結構長い時間話してました。

なんていうか、とてもいい時間でしたねw

あたしにとってはww

You can't

catch me

ど~も、ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

昨日の続きですが・・・。

早速買ってきました!

坂本真綾さんの7thオリジナルアルバムを。

しかも、初回限定版をしっかりとw

もう、この人のファンになって長いことになりますが、本当にこの人の歌には不思議な魅力が詰まっています。

何度聞いても聞き飽きないクオリティー。

さわやかなボイス。

鮮烈なメロディー。

どこをとってもあたしのツボにはどストライク!

今、そのアルバムを聞きながらこのブログを更新していますが、暫くCDプレイヤーがこのCDをもう聞き飽きたよ。と、言い出しかねないくらいリピート、リピートの繰り返しでしょうw

これでまた、暫くは安泰な生活を送れそうな気分。

明日の仕事のことはあまり考えたくはない日に、坂本真綾。

眠れない夜に坂本真綾。

あたしの青春を彩ってくれた歌手ですし、思い入れもひとしおなのは勘弁してくださいw

興味がある方はひとまず、聞いてみてくださいw

改めて実感した。

音楽の力を。

ど~も、ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

今日も仕事が終わって疲れ果てた体をなんとか家まで運んでいる道すがら。

昨日MP3に入れたばっかりの音楽が流れてきた。

疲れきっていたのにもかかわらず、足取りが不思議なくらい軽くなった。

すごいなぁ。音楽の力っていうのは。

どんなに疲れていても、絶望していても、あたしの周りには音楽がいつもあって、励ましたり慰めてくれたりする。

あたしは、前にこう言った。

あたしにとって、音楽は聴くものじゃない。浴びるものだ。

と。

本当にそんな言葉がしっくり来る瞬間だった。

辛い仕事もこういうちょいとした奇跡的なことが起こるんなら、悪くはない。

音楽の力。

それは、人を無条件で幸せにする力なのだ。

と、あたしは確信している。

あたしも、そんな力があったらなぁ・・・。

と、少し思わないでもないw

DESPERADO

意地っ張りな君へ

ど~も、ARIAです。みなさん、いかがおすごしですか?

昨日、何気にネットサーフィンをしていたときのこと。

The rose という超有名な洋楽を検索していると、ある別の洋楽とふと出会った。

日本に住んでいる以上、好きな人でない限りは洋楽なんてなかなか聴く機会はないかもしれない。

あたしは、広く浅く聞いている人なので、洋楽も超メジャーどころは何回か聴いたことがあるし、スティーブン・タイラーぐらいは知っている。

本当にあたしの洋楽の知識はないに等しい。

しかしながら、あたしは名曲にまたであった。

それが、今日のタイトルである。

直訳すると、無法者という意味らしい。

イーグルスというグループが歌っていた曲だ。

しかしながら、この曲の深さは詩にある。

まるで、やる気をなくしかけている、またはなくしてしまった。そして、何かとても大きな挫折を味わった人には、この詩の深さは心に突き刺さることだと思う。

あたしも、それなりに苦労もしているし、苦い思いでも沢山あるし、向こう脛は傷だらけでもう、傷付いても痛さも感じないくらい傷付いたこともある。

でも、この曲はあたしに本当は何が大切なのか?

そんなことを気付かせてくれたと思う。

あたしは生きているのだ。悲しいかな。

きっと、世の中ってのは不平等にできているのかもしれない。

それでも、本当に大切なことは昔っから変わってはいない。

そんなことを優しくあたしに教えてくれた気がする。

実はとっても有名な曲らしくて、平井○とかいろんな人が実はカバーしているらしい。

あたしには、この曲にめぐり合えた事をとても感謝している。

だって、とってもいい曲に出会えたって事は、そこから、いろんな事を感じられるから。

悲しみも、痛みも、憂いも、喜びも、幸せも、そして、愛も。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りのリンク